煩雑にせず整理整頓|店頭での接客をより向上させることが販売促進に繋がる

店頭での接客をより向上させることが販売促進に繋がる

婦人

煩雑にせず整理整頓

女の人

社員全員の意識統一

整理整頓ができている会社は業績も高いといわれています。整理整頓をきちんとできることは効率化を実現化できている証拠にもなります。契約書管理などは煩雑になりやすくなっています。その理由は原本を保管したのちにも経理や監査、営業や企画など様々な部門がその契約書を閲覧する機会が多くなっているためです。本来であれば、一度保管すればあとは保管期限を守るのみなのですが、契約書のように様々な部署でたびたび閲覧する機会があるため、煩雑な整理になります。元にあった場所に戻すことで改善されるものの、時間に追われるビジネスでは整理する前に次の行動に移る事も珍しくはありません。そのため必要な時に見つからない、欠損するなどの課題が生じるのです。

手作業でも自動でも同じ

契約書管理をきちんと行う事が出来ている会社は企業力が高い会社といえます。人数が少ない多いの問題ではなく、整理がきちんとできその周知を全員が履行していることに意味があるのです。数が少ないのであれば、総務などの部署で一元管理する事になるのですが、都度閲覧要請があったときに対応しなければなりません。その分工数はかかりますが、契約書管理の目的を果たすことは可能になります。さらに本社と支店が物理的に離れている場合などは写しの送信などが必要になります。時間や工数はさらにかかることになります。これを解消するためにシステム化にする会社も少なくありません。しかしすべての契約書をシステムに投入するのにも時間がかかります。契約書管理は企業に勤める人の意識にかかっているのです。